足立区新築工事 基礎工事開始!

水盛り・遣り方

本日より足立区にて木造住宅の工事開始!

■水盛り・遣り方
まず、設定GL(基準となる地面の高さ)を決め、
約1.8m間隔に水杭(ミズグイ)を立て、
水平ライン(基礎の上端の高さ)を記し水貫(ミズヌキ)でつないでいきます。
水杭と水貫が動かないように、筋交い貫(すじかいぬき)を斜めに打ち付けて固定します。
この板で作った囲いを「遣り方」と呼びます。

更に水貫と水貫の間に水糸を張って、
基礎(建物)の中心線を印します。

水盛り・遣り方は
レーザーによる位置出し器を使って直角や水平を出します
水糸を張ってベタ基礎の位置を正確にだしています。

水盛り・遣り方

dav

関連記事

  1. 足立区 戸建て解体工事
  2. 基礎配筋
  3. 本当に納得のいくリフォームは足立区の工務店SPプロテクションズ
  4. 木造新築工事 ペットと暮らすために工夫を凝らした住宅
  5. クロス張替 内装施工のプロたちによるデザイン・施工(工事)までの全てをサポート
  6. 新築工事 せっかくリフォームをするのです。お客様自身が純粋に「うれしい!」「幸せ!」「快適!」と 思えるリフォームをしていただきたいと思います。 本当にお客様の生活に幸せをもたらしてくれる会社

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP