立ち上がりコンクリート打設

本当に納得のいくリフォームは足立区の工務店SPプロテクションズ

耐圧コンクリートが固まり、ホールダウンやアンカーボルトが設置された後は、立ち上がり部分のコンクリートが打設されます。耐圧コンクリート部分の時と同様、型枠の中にコンクリートが充填され、バイブレータによって締め固めが行われます。その後は基礎天端(立ち上がりの上端)部分を、水平にする作業が行われます。

立ち上がりコンクリート打設 2階建ての住宅と違うかというと、同じ坪数の場合、3階建てには構造用の壁が1.5倍の量必要
都市部の準防火地域にも木造3階建てが許可
東京のいわゆる「下町」のひとつで工場や住宅地の広がる地域です。北千住駅近辺を中心として栄え、綾瀬・西新井・竹ノ塚あたりが住みやすい地元の優良工務店、建設会社SPプロテクションズ

関連記事

  1. スカイシアター施工
  2. FRP防水 キッチン、バスルーム、洗面化粧台、便器の4点セット
  3. 水盛り・遣り方
  4. 足立区 戸建て解体工事
  5. ベタ基礎打設 新築工事からはじまる暮らし
  6. 木造新築工事 ペットと暮らすために工夫を凝らした住宅

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP